着物がレンタル出来る

花柄の和服

着物を着るには他に帯や襦袢など必要とするものは沢山あります。それら一式を揃えるとなると結構な金額になります。
一度購入すれば年々受け継ぐことが出来るものなので重宝することができますが、手入れを怠るとシミやカビが発生します。
気軽に着物を着ていただくために、振り袖だけでなく訪問着をレンタルできるお店が存在します。

レンタルを利用することで一式揃える必要はありませんし、お茶会に数回呼ばれるようなら毎回違う着物で参加することができます。
このような情報はネットを通し検索するとすぐに情報が出てきます。中には郵送でレンタルしてくれるお店も存在します。
着物には丈の長さのマナーもあるので、出来るだけ試着できる場所を探すと安心してレンタルすることができます。

着付けまでやってくれるところもありますし、一般的な美容室に頼めば着付けからヘアアレンジまで行ってくれます。
普段の自分とは違う演出をすることで気分を変えることが出来ます。

一生に一度の成人式

朱染めの一着

訪問着とは別に、女性にとって一生に一度の重大イベントとして成人式があるます。
ほとんどの女性が色鮮やかで華やかな振り袖を着、その門出を祝います。
家系によっては代々受け継いでいる振り袖がありそれを着る方もいるでしょう。

現在ではなかなかそういったことはないので多くの人が着物を扱うレンタル店を利用しています。
毎年各ブランドから新作の着物が発表され時代に合わせたきらびやかな振り袖が増えています。
一生に一度のイベントだからこそ、振り袖にはこだわりたいものです。

成人式は地域ごとに行いますが、レンタル店においては地方同士で振り袖がかぶってしまうことを防ぐために管理しているところがあるようです。
やはり大切なイベントですから、誰かと被るということは極力無くしたいものです。
レンタル期間は、早い所ではその年の成人式が終わった時期から始まり、春頃には新作が展示されます。

自分の気に入る振り袖を見つけ、こだわりたいという方は早めにレンタル店を訪れることをオススメします。

着付け教室が増えている

明るい色の着物

着物の人気に伴い、訪問着を着る方が多く増えています。
その中には、自分で着付けできるようになりたいと考える方も多いです。
そのニーズに合わせ、着付け教室が多くできています。

着物の着付けにあたり、専門の資格を取ることができるので、資格取得を目指す方も多いようです。
着付けの仕方は講師によって微妙に異なる場合があります。
より楽に動けるように考えられた着付け方法、古典的な手法を用いる着付けなど、様々です。

ほとんどの教室が体験入学することができますので自分に合いそうな着付け法の教室を選びましょう。
資格を得ることができれば娘や孫の振り袖を着付けできる場合もあります。